岡山│放課後等デイサービス・児童発達支援│あいりんご城

放課後等デイサービス・児童発達支援・日中一時支援とは、障がいをもったお子さまの日常生活に必要な動作やコミュニケーションの取り方などを取得することを目的に指導させていただく療育施設です。発達に心配のあるお子さま、または身体に障がいのあるお子さまが集団生活や大人になったとき、少しでも自然と社会になじんでいけるように、個々の発達・成長、幼児期・年齢に合わせた支援を行います。

療育活動

就学前の学習の準備や宿題等の支援をおこなっています。
ひらがなの書き方や計算など学習に必要な能力や、就労を見据えたパソコン作業の練習を行っています。
何が課題となり、なぜそのようになるのかを一緒に考え、解決していくためのアプローチや助言をさせていただきます。

外出活動(公園・昼食の買い物・図書館・博物館など)

外出先でのルールを身につけることを目的としています。
事前に絵カードを使用し「みんなと一緒に行動すること”“お店の中では走らないこと”“図書館など公共の場では静かにすること”など事前に約束をして取り組みます。
何度も繰り返し伝えていくことで、お子さまはそれが当たり前になりその子のペースで無理なく認識していくことができます。

日中一時支援ルーム

部屋はスッキリとしており、お子さまにのびのび過ごしていただけます。

創作活動·作業活動

季節に沿ったものや、感覚刺激するものを製作しています。
季節に沿ったものでは冬はスノードームやクリスマスリース、春には手作りカーネーションなどを製作しています。
感覚刺激するものとしてはスライムや粘土を使用して作品を製作しています。細かい作業を通して集中力を鍛え、普段手にしない感触に触れることで気持ちいい心地いい感情を育みます。

個別活動(ボードゲーム・トランプなど)

個別活動はお子さまとスタッフが1対1でおこないます。
ルールを明確にし、取り組むことでなぜ負けたのかどうしたら勝てるのかを自分なりに考え次の意欲に繋げ、考える力・あきらめない力を養います。
達成感を得ることでお子さまの意欲を高めでいきます。

集団活動(料理・ドッジボールサッカーなど)

集団活動では自分の役割を理解し、子供たちで協力して活動します。 集団の中で一人一人に役割があることで、自分の今すべきことを考え、みんなで協力する大切さを理解することができます。 毎月1回(長期休みには毎月3回)料理の時間を設け、カレーやたこ焼き、クッキー作りなどを行っています。
準備・片付け等の日常不可欠な作業を通して日常生活に必要な能力の向上を目指します。
また、料理とゆう決まりのない作業を通し、お子さまの感性を育みます。

季節に合わせた活動

あいりんごでは節分・BBQ・海・ハロウィン・クリスマス・お正月など季節に合わせた行事に力をいれています。季節ごとの行事に触れることで季節を感じ、その時期にあった楽しみや風習を知ることができます。



お申し込みの流れ

  1. まずはお電話でお問い合わせください。
  2. 事業所を見学していただき、お子さまと面談させていただきます。希望があれば体験も可能です。
  3. あいりんご城での提供サービスについて説明させていただきます。
  4. 契約後、個々の計画に添ったサービスを開始します。